2019/8/27 自治体向けアプリマーケット

今朝の記録:2019/8/13からマイナス2.0kg

=2019/10/20の中間目標まであと3.0kg

 

よしよし、一安心。

 

実はおとといの夜、寝る前にチョコを暴食してました(200kcalくらい)。書き忘れてた。

日曜の朝、惰眠をむさぼるのはよくないね・・・夜寝られなくなるので。

ほどほどに。

 

 

13:30ごろ、お弁当。


f:id:walkingcats:20190828000359j:plain


ファスティング効果のため、できればランチは午後に後ろ倒したい。

 

18:00ごろのおやつ。

 f:id:walkingcats:20190828001115j:plain


ザクザク系食物が好きでやめられない。

このほかに、持参した夕方用ミニ弁当にて、サバ、五穀米、なす等を少量。

 

20:00ごろ、いきつけの居酒屋へ。

ビールとハイボールの、以下の料理たちを半分。

 f:id:walkingcats:20190828001243j:plain


以下、タイトル回収。

 

f:id:walkingcats:20190828001303j:plain

 

なるほど。

 

お金で仕組みを簡単に購入できれば効率はいいと思います。

ただ、より効率的なのは

都道府県内の基礎自治体全て、又は国全体等の広域で同じシステムを導入してしまうことだと思います。

それがなかなか実現困難なのは、

エストニアだとかのデジタル先進国に比べると

日本が中途半端に大きい国だからかと。

中央政府の方針が鶴の一声のように降りてくる割には、自治体の主体性も尊重されていて、どっちつかずになっているように思う。

だから、道州制を主張する学者さんが一定数いるのでしょうね。

私は道州制の発想には概ね賛成です。

中央集権をベースにした地方交付税による調整だけでは、地方の財政難は解消しきれないし過疎化は止められないと思う。

だからこそ、地域のまとまり毎にもうすこし権力を分散させて

ユニットごとに自治を進めるほうが、

地方の主要都市が過疎地域をカバーできて

日本全体が浮上するように思うのだけど、どうだろう?


考えがまだ浅いので、いつか思い出したら、反論について考察します。