2019/8/24 夏と商売、花火にビール。

今朝の記録:2019/8/13マイナス1.8kg

=中間目標まであと3.2kg

 

 

 

サブタイトル:猫にエサ。車移動は太る(今日の結論)

 

 

最近、ファスティングダイエット効果を狙って、

24時間のなかで最低でも12時間(できれば14~15時間食事しない時間帯を設けています。

私は朝ごはんを食べないので、お昼ご飯を正午以降に取れば

大体いつも12時間以上のファスティングはできています。

 

が!

今日は遠足!

・・ではなく、ドライブで朝からお出かけ。

車の中でおやつ食べてしまいました。10時ごろ?

 

前に買った麩菓子の残り。

と、

 

バナナ(笑)

 f:id:walkingcats:20190827110517j:plain

バナナはおやつですか!?

 

 

13時ごろ、ジョナサンでランチ。

 f:id:walkingcats:20190827110619j:plain

 

そして夕方、ミニストップで念願のハロハロ!

  

一番派手に宣伝されている白桃ハロハロを食べるはずが…

f:id:walkingcats:20190827110829j:plain

 

モンブランソフトの誘惑に負けた。。

 

巷の小売店はもうすっかり「秋商品」モードらしく、ミニストップモンブランソフト一色です。

 

飲食店もスーパーもデパートも、お盆を過ぎるとガラッと「秋!」になってしまうんですよね。数日前、冷房対策に安いサマーカーディガンを一枚買おうと思って駅ビルに入ったのですが、

売り場という売り場はこぞって秋物に入れ替わっていて

当然のようにカーディガンは厚手のものしか売ってなかったです。。

 

この業界特有の商業的慣例、ちょっと嫌い。

例えお盆が過ぎようが世間はまだまだ暑くて30度は余裕で超えてるし、

8月末まで毎週どこかで花火大会はあるわけで、

こっちはまだ夏を楽しんでるんですけど。

こうなるから結局ネットで買っちゃうんだよね。

 

それはともかく、モンブランソフトはおいしかったです。

でもハロハロも食べたくなったので、ご主人様のラムネ味を一口もらいました。

うそ。五口くらい。

 

 

夕方、ビールを片手にアメリカンドックを齧って、車の中から優雅に花火見物。

(運転手様はノンアル)

 

f:id:walkingcats:20190827111411p:plain

 

f:id:walkingcats:20190827113714p:plain

 

f:id:walkingcats:20190827113746p:plain

 

最高。

 

 

 

ところで、今日は某関東圏の、田んぼや畑に囲まれたのどかな地域の花火大会に行ってきました。

田舎なので、コンビニやドラッグストア、スーパー、大型商業施設などが一定のエリアに集まっているのだけど、

土地が比較的余っている+車社会の地域だから、駐車場が非常に広い。

更に、土地が比較的平坦で花火見物を遮るような高い建物もないので、

駐車場に居座って花火を見よう!と考える人が一定数出てきます。

中には、駐車場にレジャーシートを引いたり、アウトドア用の折りたたみ椅子を並べる強者たちも。

 

それが良い悪いの話をしたいわけではないのですが、

そうなったとき問われるのはお店側の対応なのですよね。

 

しばらく見ていたら、某チェーン型被服店の駐車場には、お店から頻繁に中堅社員と思われる女性が出てきては、

ここは駐車場ですので…

他のお客様のご迷惑になりますので…

みたいな案内をして(セリフは想像)見物人を追い出していました。

 

それを見ていて思ったことは、「これって合理的じゃないのでは?」ということ。

 

そのお店の駐車場が限られていて、又はお客さんで溢れかえっていて、

「花火の見物人が陣取っているせいで本来駐車場を利用すべき客が駐車できない」状態なら、まだわかる。

 

ただ申し訳ないけど、17時過ぎのローカルの被服店、お世辞にも駐車場は混んでない。

 

その状態でせっせと人を追い出す意味ってあるの?

 

安全面云々の問題なら、お店側が公式に

「安全に配慮した花火見物スペースin駐車場」を準備すれば良い。

 

「花火大会前1週間で、一万円以上お買い上げのお客様、先着10組様に花火見物特別スペースをご提供!数量限定で椅子の貸し出しあり!」といった類のキャンペーンをしたら、反応するお客さんはいるんじゃないかな。

貸し出しは椅子でもシートでもなんでも良いのだけど、お店にあるものを使えば良い。どうせ暗くて見えないし。

お金をかける必要はない。

 

ただでさえ切り詰めているだろう人件費を使って、花火大会の前後数時間、見物人を追い出し続けるより

機会に乗って商売をするほうがよほど生産性が高いと思うのですが、どうでしょう?

 

 

一方で、「すごいなぁ!」と思った場所もありまして。

そのお店の向かいには、スーパーやフードコートやゲームセンターやらが入った(これまた田舎によくある、なんでもござれの)三階建て大型商業施設があったのですが

その施設は、普段は駐車場になっている屋上を

「花火大会の見物人のために完全開放」していました。

 

試しに登ってみたら、いましたよ、人が!たっくさん!!

たくさんのグループがビニールシートを敷いて、

おそらく下のフロアで買ってきたお惣菜やお菓子を食べ、子供はジュース、大人はビール。なんとも楽しそう。

なんといっても、屋上からは街が一望できるので、花火がめちゃんこよく見える。

これは、売上上がるよねー。

 

花火大会一つとっても、活かすか殺すかは

イデア次第だな…

と思いながら、締めのラーメンを食べたのでした。

f:id:walkingcats:20190827113520j:plain

 

横浜家系、大好き。

明日の記録が恐ろしい…